<「奇皇后」あらすじ 21話>

ワン・ユやペガンは作戦を変更。パン将軍やチュ参知政事を逆賊として攻め、ヤン(スンニャン)も弓を放って加勢します。皇宮では、皇帝タファンの命を受けた刺客(護衛宦官)が丞相ヨンチョルを襲っていました。が、老ヨンチョル強すぎ!ヨム・ビョンスも刺されながらも大奮闘です。そのときヤンが反乱の失敗を伝えに来たので、宦官コルタたちは(小さな声で謝罪しながら)刺客を斬り、タファンがヨンチョルを救ったように装います。

パンとチュの配下に尋問すると、黒幕として皇太后の名が挙がりました(タンギセが目配せしていたので、その配下が本当に皇太后とのかかわりを知っていたのではないのかも)。皇太后はワン・ユやペガンの名を出さないまま廃位され、感業寺へ送られました。事前に皇太后はタファンに「私をかばうな」と言い聞かせ、ワン・ユたちには「ヨンチョルに対抗できる勢力を育てよ」と頼んでいたのです。

パク・オジン才人に「お腹の子を守るのよ」と声をかける皇太后。皇后タナシルリが晴れやかな表情で見送りに来て嫌味をぶつけます。後日、吐き気をもよおしたタナシルリは「懐妊♪」と感涙しますが、感業寺にいる皇太后は「そんなはずない!」と大否定。口紅と香炉を一緒に使うと懐妊できないという天竺(インド)の言い伝えがあるそうです。

ヨンチョルは今回の件でペガンを信頼し、遼陽行省(りょうようこうしょう)の平章政事(へいしょうせいじ)に任命。復位を望むワン・ユには、「元に抵抗しつづけた高麗を信じない。お前は高麗王になるよりこの国で栄華を極めるのだ」と断りました。そこでワン・ユは、父王が危篤という口実で帰国を認めてもらいます。負傷してもヨンチョルのために戦ったヨム・ビョンスは怯薛(ケシク)隊長に就任しました。

次にヨンチョルは「私を狙ったのは護衛宦官だった」とタファンをちくちく脅し、「一挙一動を監視します。皇后殿にも通うように!」と命令。苦しくなったタファンがヤンを呼ぶと、高麗へ戻ったと知り、皇太后にもペガンにも頼れず、孤独に苦しみます。しかしヤンは(パン・シヌとパク・ブルファも)血書を捜すために元に残っており、そんなヤンをワン・ユは抱きしめて手を握ると、高麗へ向かいました。

高麗村の村長マクソンの部屋で赤い虎(チョクホ)が描かれた槍を見つけたヤンは、マクソンが宦官チョクホだ!と気づきました。マクソンを追及すると、先々帝から「書の間に血書を挟んでおくから皇太子に渡せ」と密命を受けたことや、血書には蝶(皇太子だけが知る皇帝の印)が描かれていたこと、逃げる途中で抜け道に隠したのに消えていたことを話します。

血書を誰に預けたのかをマクソンが言いかけたところで、ヨム・ビョンスやタンギセがマクソンを呼びに来て(人相書きでマクソンの正体が判明)皇宮に連行。もちろん拷問が始まります。ヤンたちがマクソンを救出して逃げる途中にタンギセと斬り合いになり、傷を負ったヤンは大明殿へ逃げ込みました。元にいたのか!?と驚きながらもタファンは内浴室に入れて匿い、バラの花弁で埋め尽くしたバスタブにヤンを潜らせてタンギセの目をごまかします。そのうちヤンが浴槽の中で気を失ったので、潜って人口呼吸してやるタファンでした。

スポンサード リンク
2015年6月22日 | 奇皇后あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA