<「善徳女王」あらすじ 12話>

韓国ドラマ「善徳女王」12話のあらすじ(ネタばれ)です。やや詳しめのあらすじと超さっくり読めるひと言あらすじをご用意していますので下記からお選びください。

ちゃんと知りたい人向け!詳しめのあらすじ

龍春(ヨンチュン公)たちと合流した閼川(アルチョン=飛天之徒首長)が、全滅したであろうキム・ユシンたち龍華香徒を思って肩を落としていると、ズタボロになった龍華香徒一団が待ち合わせ場所に戻ってきました!アルチョンはキム・ユシンに完全旗を渡し、戦友としての友情を誓い合います。包囲されたのを誰かに馬で救い出されたキム・ソヒョン(ユシン父)も無事に生還しました。

真平(チンピョン)王はソルォン大将軍以上にキム・ソヒョンの戦功を褒め称え、弟監から兵部の大監へと昇格させ、大等として会議に参席することも許しました。息子のキム・ユシンには押梁州(アムリャン)の土地が与えられ、風流黄巻(プンリュファンクォン=花郎名簿)にも名を記されることになりました。おもしろくないのが、寶宗(ポジョン)の手下の石仏(ソクプム=青龍翼徒首長)。命令に背いた件を祝勝会の席で持ち出して責め、公主の後ろ盾を馬鹿にします。

しぶとく生き残って帰還したザ・強い男キム・ソヒョンのことを評価しているミシル様。情夫ソルォンはちょっぴり嫉妬し、夫の世宗(セジョン)が愉快そうに笑います。ところが、ソルォン息子のポジョンが怒って勝手にキム・ソヒョン抹殺を手配していたから、さあ大変。ミシルは息子を叱り、ソルォンはすんでのところで惨事を防ぎます。ソルォンを狙った刺客である郎徒ファジョンは、偶然そこにいた徳曼(トンマン)を犯人に仕立て、さらに現場周辺に尼がいたとの目撃証言が得られました。

もちろんその尼とは、トンマンと語らうために変装した天明(チョンミョン)公主。チョンミョンが部屋に戻ると無断外出を知ったチンピョン王と摩耶(マヤ)皇后が待っていて、男と会うなんて!と外出禁止をくらってしまい、トンマンを助けられません。厳しい取調べを受けるトンマンを救おうと事情を聞いたキム・ユシンは、トンマンの友達である尼の正体がチョンミョン公主だと悟ると、「尼を突き止めて寺へ行く」との情報を流してファジョンらをおびき寄せて捕獲しました。

ファジョンを連れたキム・ユシンが尋問場に現れると、ミシル軍団はあちゃー。ファジョンが持っていた矢がキム・ソヒョンに放たれた矢と同じと明かされます。ところがファジョンは伽耶を守れなかったキム家への恨みを吐き、黒幕を白状しないまま命を断ちました。そのとき、部屋を抜け出したチョンミョン公主がトンマンたちの前に現れます。

せっかちさん向け!超さっくりあらすじ

★生還したキム・ソヒョンは兵部の幹部になった
★ユシンもほめられ龍華香徒も昇格した
★ミシル様は強い男がお好き
★嫉妬した息子ポジョンがソヒョン抹殺を企むが阻止される
★トンマンが犯人に仕立てられるがユシンが真犯人を見つけた

スポンサード リンク
2011年7月10日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA