<「善徳女王」あらすじ 44話>

多数決制に賛成票を投じたのはキム・ソヒョンとヨンチュン公だけ。否決されます。
トンマンの狙いどおり、減税を期待していた中小貴族の怒りは大貴族や和白会議に。
花郎も家門の利益を守りたがる中、意外にもソクプムがミシルへの忠誠を貫きます。
満場一致制のおかげで公主様も得をしているのですよ・・・とミシルに説かれ、
では制度や律令を利用して相手を攻撃してはいけないのですか?と言い返すトンマン。
答えかけようとして「いけない、また教えるところでした」と笑って去るミシル。
王になったら真っ先に和白会議を廃止するつもりだとミシルはセジョンらに語り、
実はそれについてはチュンチュ公もトンマンも同じ考えを持っていました。

ソルォン郎が立てた「低劣で卑怯な計画」をもっと汚く下品にせよと笑うミシル。
姉上らしくないけどほんとうに実行するの?と弟ミセンは怪訝に思っています。
「世間は姉上を怖れ非難するけど理に反することは一度もしたことがないのに」。
するとミシルは、サダハムを愛して全てを捨てようとした昔を振り返りました。
「あのときのように理を捨てて夢を追う・・・砕けても煌びやかな玉のように!」。

ミシル側の花郎ピルタンの父親チュジン公がトンマンを支持し始めたと思ったら
セジョンのスパイでした。さらにミシルはピダムと親しいヨムジョンにも近づき、
明日と明後日の間はピダムを連れて清遊へ行けと命じて金品を渡しました。
(見逃しましたが、ミシルはミセンには「ピダムを始末する」と言ってたようです)

ソルォン郎はヨンチュン公を、ハジョンはキム・ソヒョンを、突然訪ねてお食事会。
お酒に薬を仕込まれた二人は、翌朝、和白会議が招集されても目覚めません。
トンマンの職務権限を奪うという件が8人の満場一致で可決されそうなところに
キム・ユシン率いる花郎たちが駆けつけて兵を追い払い二人を列仙閣に入れます。
ところがユシンとアルチョンは列仙閣に乱入したとして反逆罪に問われました。
(列仙閣の外を守る兵士は一人も刀を握っていなかったそうで、用意周到ですね)
そこへソルォン郎たち一群が現れ、ユシンたちは素直に刀を納めようとしますが、
外から矢が飛んできてソルォンの部下が倒れてしまい、乱闘が始まります。
そのどさくさに紛れてソクプムがセジョンを刺して大事件を演出しました。

上大等のセジョンが狙われたのは政変だ!という口実ができたため、
ピルタン父チュジン公が上州停から大軍を率いて徐羅伐(ソラボル)へGO。
名分を重視するミシルがそんな手を?ミシルの乱だ!と愕然とするトンマンでした。

スポンサード リンク
2012年4月3日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA