Archives: 善徳女王あらすじ

<「善徳女王」あらすじ 62話(最終回)>
2012年5月25日 | 2件 | 善徳女王あらすじ
善徳女王(トンマン)の体調がキム・ユシンたち側近に隠せないほど悪化する中、 月城には星が落ち、ピダムについた者たちの士気が最高潮に盛り上がります。 病状を心配するユシンに、タクラマカンから神国に着いた夜の話をするトンマン→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 61話>
2012年5月25日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
死期を悟った善徳女王(トンマン)が、ピダムに宛てて手紙をしたためました。 「この件を処理したらチュンチュに禅位して推火郡の小さな寺でたとえ短い間でも 一緒に暮らしたい。何があっても私を信じて待っていろ。トンマン(←個人名→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 60話>
2012年5月25日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
ピダムの「ダム(曇)」は仏を表すそうで、書状で王に指名されたピダムはオロオロ。 ピダムが王になりたいならこんなことはしない!と言い切る善徳女王(トンマン)に、 自分の勢力を統制できていないのが問題なのですとキム・ユシンが→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 59話>
2012年5月24日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
支えてやったのに政務を退くなんていう勝手な誓約をしてお前こそ裏切りだ!と ヨムジョン・ミセン・ハジョンたち味方全員に責められまくりの上大等ピダム。 鳥羽扇が善徳女王(トンマン)の手に渡ったと知り、さらにショックを受けます→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 58話>
2012年5月21日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
上大等ピダムがヘタウマ文字の盟約書を善徳女王(トンマン)に見せました。 その内容は、トンマンが先に死んだらピダムは政治から手を引くというもの。 陛下がいないなら神国などどうでもいいのです・・・!とかわいい子犬ピダムです。→続きを読む
1 2 3 4 5 6 13
スポンサード リンク
get_footer(); ?>