Archives: 善徳女王あらすじ

<「善徳女王」あらすじ 57話>
2012年5月21日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
ウォリャが善徳女王(トンマン)に忠誠を誓って復耶会の名簿を差し出しました。 伽耶民は神国新羅の民となり、上将軍キム・ユシンの兵として戦うことになります。 危険が迫るソラボルからの播遷(パチョン=避難)をピダムがトンマンに→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 56話>
2012年5月20日 | 2件 | 善徳女王あらすじ
勝利したら兵権をください・・・とソルォンが善徳女王(トンマン)に申し入れます。 「三韓一統の夢の一部がほしいのです。そしてピダムと結婚してください」。 するとトンマンは、ピダムの思いがこわいのだと正直に打ち明けました。 →続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 55話>
2012年5月20日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
配流中のユシンがなぜ百済陣営に!?反逆です!と口々に問題視する大臣たちを、 間者だと!?朕が密命を下したのだ!と善徳女王(トンマン)が一喝しました。 得意げにユシンを断罪したポジョンも、取り調べていたピダムも、ドびっくり→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 54話>
2012年5月18日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
「ユシンには策略など通じないから信頼できるし、そして難しい・・・」。 キム・ユシンのことをそう評する善徳女王(トンマン)が、取調室で向き合います。 王になりたいのか?ならばなぜそなたを王にしたがる復耶会をかばうのだ? 伽→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 53話>
2012年5月18日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
ウォリャとソルチが、各部署に仕込んでいる仲間の手引きで司量部から脱走しました。 これを受けて善徳女王(トンマン)がキム・ユシンの取調べをついに許可します。 力の均衡を崩そうとしているピダムに他意があるのだとチュジン公が笑→続きを読む
スポンサード リンク
get_footer(); ?>