<「善徳女王」あらすじ 33話>

ソヨプ刀に小さく刻まれていたのは「徳業日新網羅四方」という文字でした。
それに込められたのは、「三韓一統」であり、つまり高句麗・百済・新羅の統一。
キム・ユシンは「徳業~」しか発表せず、立派な意味ですよね!とごまかします。
国仙ムンノは少し残念そうですが、とにかく2つ目の比才はユシンが勝ちました。

私が王になれないと言ったのは三韓一統のせい?女だから?とムンノに聞くトンマン。
私は夢を見る能力がある!夢見た者だけが成しとげられる!と大演説をぶちます。

伊西郡でユシンに負けた経験を糧に、ポジョンが訓練に励んでいます。
ミシルは「けっして油断するな」とユシンにナゾの助言をしに行きました。
大伽耶末裔のウォルヤが、キム・ソヒョンの養子となり、花郎になりました。
ウォルヤは伽耶出身のユシンがトンマンと結婚して王になるのを望んでいますが、
伽耶勢力と新羅勢力の内戦になるから婚姻は不可能だとユシンは考えています。
ソファに惚れたチュクパンは、チルスクとソファの微妙な関係に「?」状態です。

師匠ムンノと過ごした昔の出来事をピダムが次々に思い出しました。
自分の大業のためにとムンノが高句麗や百済を見てまわっていたことや、
誰にも見せるなと言われた大切な本『三韓地勢』を奪われて怒ったピダムが
泥棒のねぐらに毒入りクッパを差し入れて皆殺しして喜んで報告したことを・・・。
トギル寺に預けた『三韓地勢』を勝手に持ち出したピダムは、いろんな書類を発見。
書かれた日付を見てトンマンの誕生日を勘違いしてしまい、花をプレゼント♪
ついでに皇室の書庫に入れてくれと頼んで、書類の内容を調べまくりました。
こうして、自分が真智(チンジ)王とミシルの子・炯宗(ヒョンジョン)と知ります。
ピダムの行動を探っていたソルォン郎もようやくピダムの正体に確信を持ちました。

勝手に箱の書類を見たピダムに、ね・い・のーーーーーん!とムンノが大激怒。
比才に出ます!と言い出したピダムを、お前は破門!と怒鳴りました。
あの事件(クッパ事件)から他人のように接してきたくせに!と言い返すピダム。
「何が悪いか教えてくれればよかったのに・・・ボクはほめてほしかっただけだ!
弟子を怖れる師匠などいない。ただ抱いてほしかった・・・」と泣いて飛び出します。
明日の比才で望みどおりユシンを風月主にしてやるとトンマンに話すと、
比才当日、ちょっぴり忍者っぽい花郎風ルックで武術テスト会場に登場しました。

スポンサード リンク
2012年3月26日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA