<「善徳女王」あらすじ 19話>

韓国ドラマ「善徳女王」19話のあらすじ(ネタばれ)です。やや詳しめのあらすじと超さっくり読めるひと言あらすじをご用意していますので下記からお選びください。

ちゃんと知りたい人向け!詳しめのあらすじ

なんとキム・ユシンは、郎徒・徳曼(トンマン)と一緒に過ごすうちにトンマンが女だと気付いていたのですが、離れたくなかったから隠していたのです。女なのは知っていても王女だとは知らなかったでしょうから、びっくりだとは思いますが・・・。トンマンが妹だと知った天明(チョンミョン)公主は、トンマンを守るため中岳山に行かせることにしました。

美室(ミシル)の弟・美生(ミセン)の特技は、「一度見た女は忘れない」ということ。そのすばらしい特技を活用し、チョンリョンという女が本当は侍女ソファであることをミシルが確認しました。ミシルはソファを隔離すると決めますが、嘘をついたチルスク(染宿)のことは責めず、仕える者のために半生を犠牲にしてきた・・・と涙を浮かべました。

真平(チンピョン)王に双子にまつわる真実を打ち明けられた乙祭(ウルジェ)は、林宗(イムジョン)に神堂を監視させ、移動中のソファを奪還せよと命じます。すると薛原(ソルォン)の意を受けた郎徒がチルスクを襲ってソファの乗る輦を奪い、それを激しい戦いの末にイムジョンたちが奪い返して王と再会させました。ソファは郎徒姿のトンマンを見かけて反応するも取り押さえられてしまい、次に謁見したマヤ皇后に、娘が生きていて宮殿にいることを必死に知らせます。

愛するソファを探しに行こうとするチルスクに、ミシルが迫真の演技で迫りました。私がソファを殺すわけがない、唯一の目撃者を狙うのは王だ、私を信じろ・・・と。涙を浮かべたミシルに手を握られたチルスクは、コロっと騙されちゃいます。

中岳山に行く前に陛下に会わせてくれと頼み、チョンミョン公主に断られたトンマン。わざとソヨプ刀をマヤ皇后の目にふれさせ、自分を呼び出すよう仕向けました。そして夜、皇后の輦(輿)が出されたことに人々が注目する頃、トンマンが行方不明になりました。実は輦には皇后の侍女が乗っており、皇后は別の場所でトンマンと会っていたのです。

せっかちさん向け!超さっくりあらすじ

★妹トンマンを守るためチョンミョン公主は中岳山に行かせる
★チルスクが連れてきた女性が侍女ソファだとバレる
★ソファの身柄をウルジェとミシルが奪い合う
★トンマンはソヨプ刀をエサに皇后とひそかに会う

スポンサード リンク
2011年10月8日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA