<「善徳女王」あらすじ 49話>

なんとミシルは本当に矢を放ち、見事にトンマン公主の胸に命中しました!
ところがトンマンはすっくと立ち上がりました。懐のソヨプ刀が矢を防いだのです。
ミシルは咎められもせずとっとと去り、ソルォンの合図で兵がトンマンを狙います。
すると手下を引き連れたピダムが演舞場に突入してトンマンを救ってくれました。
キム・ユシン率いる花郎軍団は仁康(インガン)殿を掌握し、真平王を避難させます。

宮殿を出る前に、箱に入れたはずの手紙がなくなっていると気づき驚愕するミシル。
秘密通路のことがバレているため正門を正面突破して宮殿から出ていくと決め、
それが陽動作戦ではなく本気だと知ったトンマンは少ない兵を正門に集結させます。
正門前の激しい攻防の中を輿で通り抜けたミシルは難攻不落の大耶城(テアソン)へ。
トンマンもミシルも内戦を覚悟し、ソクプムはチルスクに本音をもらしています。
「今までミシル様は大義と共にあった(正しい名分のもとに動いてきた)のに残念。
でも低い身分の自分を必要として家族を豊かにしてくれたミシル様を選びます」。
自分はここまでの器です・・・と話すソクプムに、チルスクも共感を示しました。

長年ミシルに牛耳られていた宮殿はミシルたちの間者だらけで、手を焼くトンマン。
宮殿に入荷される予定だった倭国の手弩(弓)も大耶城へいっちゃいました。
トンマンは間者を厳しく取り締まると同時に、大耶城への交通経路を遮断。
ソファが地下室でゲットした手紙を思い出し、あれを使うべきか?と考えあぐねます。
それはチンフン大帝がソルォンに「ミシルを始末し大義を正せ」と命じた手紙でした。
そして、今まで助けてくれたお前に重責を与えるつもりだとピダムに話すと、
(ヨムジョンの情報網を活用するために秘密部署を設けてピダムに任せるそうです)
その初任務として「宮殿の外に埋めた小箱を取って来い」と命じました。

子供のように喜ぶかわいいピダムですが、手紙を盗み読みして、超びっくりー!
なぜミシルはこれを捨てずにとっておいたんだ?と考えた後、大耶城へ行きました。
そんなピダムの姿を、大耶城の偵察に来ていたチュクパンらが目撃し、報告します。
部屋に侵入したピダムに刀をつきつけられても、おもしろそうな表情のミシル。
あの日なぜヨムジョンに俺を連れ出させた?との問いに、邪魔だから♪と笑います。
「あんたの夢を叶えるためには俺はいつも邪魔なんだな・・・殺せばよかったのに」
「そうだ、だから失敗してこんな目にあっている」とミシルが平然と言い放ちます。
それならどうして・・・?と手紙を取り出そうとしたところに、ポジョンらが登場。
するとミシルは「私の客人だ」とポジョンを止め、ピダムを帰らせました。

宮殿に戻ったピダムは、木の下に箱はあったが中身はなかったとトンマンに報告。
お前が捨てたのではないのか?と聞かれると、いいえ違います・・・と答えます。
大耶城でミシルに会ったのか?とさらに尋ねるトンマンに、こう言い訳しました。
「手ぶらで戻るのがイヤだったので暗殺しようとしましたが、失敗しました」。
「最後に聞く。お前とミシルはどんな関係だ?」とトンマンがズバリ切り込みました。
大耶城では、ピダムは息子だというミシルの告白にファミリーが大驚愕中!です。

スポンサード リンク
2012年5月14日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA