<「善徳女王」あらすじ 20話>

韓国ドラマ「善徳女王」20話のあらすじ(ネタばれ)です。やや詳しめのあらすじと超さっくり読めるひと言あらすじをご用意していますので下記からお選びください。

ちゃんと知りたい人向け!詳しめのあらすじ

衆目をごまかしてひそかに抜け出したマヤ皇后。徳曼(トンマン)との密談場所に、その作戦を見破った天明(チョンミョン)公主とキム・ユシンが現れました。自分が誰なのか知りたいと願うトンマンに、ついにチョンミョン公主が応えます。「母上様、トンマンはオンナなのです!母上の娘で私の妹なのです!」。びっくりすぎる事実を信じられないトンマンはその場から去り、マヤ皇后は泣き崩れました。後でキム・ユシンに改めて事実だと説明されるも、トンマンの衝撃は消えません。

チョンミョン公主はトンマンとの出会いやこれまでのことを皇后に詳細に打ち明け、マヤ皇后はトンマンの育ての親ソファが生きていることなどを話しました。この時点では真平(チンピョン)王にはトンマンのことが伏せられたままです。

自分が追い出された理由であるという、双子の不吉な言い伝えを教えられたトンマンが、傷ついて出て行こうとします。するとキム・ユシンが「行くな!」と抱きしめて引きとめ、トンマンをヨハム山の川に連れて行き、声をあげて思い切り泣かせました。自分は存在してはいけないから鶏林を出て砂漠に戻るとトンマンは決意。ミシルにまた狙われてしまう!トンマンを失いたくない!と涙を流すチョンミョン公主の肩をキム・ユシンがそっと触れてなぐさめ、オレたちのこれまでの絆は何だったんだ?とトンマンに必死に訴えて引き止めます。

大化殿から水差しをくすねたのが竹方(チュクパン)だとバレちゃいました~。薛原(ソルォン)一派にさんざんに痛めつけられて、ちょっとお気の毒です。そこで龍華香徒(ヨンファヒャンド)の面々が閼川(アルチョン)に助けを求め、状啓の件を蒸し返されたくない乙祭(ウルジェ)と龍春(ヨンチュン)公が乗り出し、「これは兵部の管轄ではないから」と事件を引き取ってくれました。ところが取り調べに耐え切れないチュクパンは、どちらの取調べでもケロっと告白。状啓事件を仕組んだのがトンマンだとわかり、皆がトンマンの存在に注目します。

トンマンを馬に乗せて逃げるキム・ユシン。それを追うアルチョンたち。そのようすを、視力が回復して目の包帯をはずした染宿(チルスク)が見ていました・・・。

せっかちさん向け!超さっくりあらすじ

★トンマンは双子の妹であるとチョンミョン公主が話す
★トンマンもマヤ皇后も事実を知る
★望まれない存在なので砂漠に戻ろうとトンマンは考える
★ユシンはトンマンを連れて宮殿を出る
★チルスクの目が見えるようになる

スポンサード リンク
2011年10月8日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA