<「善徳女王」あらすじ 61話>

死期を悟った善徳女王(トンマン)が、ピダムに宛てて手紙をしたためました。
「この件を処理したらチュンチュに禅位して推火郡の小さな寺でたとえ短い間でも
一緒に暮らしたい。何があっても私を信じて待っていろ。トンマン(←個人名)」。

けれどもトンマンが侍衛府の人間を使って自分を狙ったと思っているピダムは、
それなら神国を手に入れてトンマンも得ようと思った(?)ようです。
(最近ピダムを翻弄しまくりのヨムジョンの方、演技してて楽しかっただろうな~)
また悪奉行姿に戻ると、貴族の私兵を率いてソラボルの月城(ウォルソン)へ進撃。
トンマンたち(=キム・ユシン)は、途中の徳山岾で迎え撃つことにしました。
ピダムはトンマンたちの兵をヨドに集中させるとすぐに狼山(ナンサン)に退却。
もぬけの殻になっていた明活山(ミョンファルサン)城をやすやすと占拠しました。
こうして都城内にに二つの権力が生まれ、ミシルのときよりも王室にとって一大事。
こんな大胆な策をとるのはピダムしかいない!とチュンチュがトンマンに訴えます。

和白会議に出席する10人の貴族うちすでに7人がピダム側についていることから
ピダムは戦をせずに和白(ファベク)会議を召集して女王廃位をとっとと決議。
和白会議に上大等ピダムがいたはずがない!無効だ!と主張するトンマンですが、
例の指輪と決意文を持った侍衛府の遺体が宮殿に送られてきてワナワナします。
トンマンの手紙をチュクパンが届けても、ピダムは「誰が書いた?」と信じません。
「あれほど消したかったピダムはまだ生きていると伝えろ!」とケンカを売ります。

ついにトンマンがピダムを上大等から罷免し、「神国の敵」として宣布します。
そのうち色々な報告からお互いの行き違いに気づき始める二人(携帯電話ないし)。
でももう後戻りはできないと悟っているトンマンがユシンだけに打ち明けました。
「私に確認をしてこないピダムが残念だし、一方でピダムに申し訳なく思う。
急に彼を好きになったのか、私兵撤廃や勢力排除のためなのか、私にもわからない。
でも王位を譲ってピダムと暮らしたい・・・。それが私の最後の夢で、本心でした」。

ヨムジョンが裏で糸を引いていると知ったサンタクはプチ行方不明になり、
そこへピダムを否定するトンマンの宣布が届いてピダムがまた混乱しちゃいます。
貴族の私兵はピダムのもとに、勅書を読んだ民はトンマンのもとに集結しました。

スポンサード リンク
2012年5月25日 | 善徳女王あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA