<「奇皇后」あらすじ 1話>

元の大都(現在の北京)で、元の皇帝タファンの皇后の即位式が行われています。皇帝に寵愛されて皇后になるのは、高麗出身で貢女(コンニョ)だったスンニャン。彼女は高麗の王ワン・ユの姿を認めると、涙をこぼしました・・・

時は戻り、黄州(ファンジュ)から元へ向かう世子ワン・ユ。そして貢女の行列。元の武将タプジャヘとタンギセは、人質であるワン・ユにエラそうな態度です。逃走をはかって虐げられている母娘を目撃したワン・ユは、彼女らを勝手に解放。貢女は追われ、娘をかばった母親が矢に射られて崖から転落しました。母親は娘ヤンイ(NHKではヤン)に「父は生きている」と伝え、指輪を渡して絶命。残されたヤンイは男装して開京(ケギョン)へ行き、キ氏という男を探します。父とは会えませんが、ドラマには出てますね。「オクプン」とは誰なのでしょう?

ヤンイはその後スンニャンと名乗り、ひょんなことで知り合ったワン・ゴ(瀋陽王)に仕えます。彼はワン・ユの叔父で、王位を狙っていました。スンニャンは少年姿のままで武術を磨き、13年後、ハ・ジウォンさんに大変身!片箭(エギサル)の名手、仁州のスンニャイ(オオカミ)派の頭領として知られ、塩の密貿易(=元への資金)でも暗躍し、主人ワン・ゴの信頼を得ていました。

さて、遊び人のフリをしながら密貿易を追う世子ワン・ユは、仁州に乗り込んでスンニャンに対決を申し込み、なぜか楽しそうに弓大会します♪飲み過ぎて倒れたスンニャンは、部屋でワン・ユにコムンゴを教わってドギマギ☆ ワン・ユとワン・ゴの両者には間者からの密告が届いており、互いに探り合う中、指示を受けたスンニャンはワン・ユをかばって矢に射られ、彼の信頼を得ました。

そして両者の騙し合い作戦の末、スンニャンがワン・ユに捕まってしまいます。その夜、スンニャンは子供の頃に盗み聞きして知ったことを思い出していました。元の支持を得たいワン・ゴが、母の敵タンギセに貢女を差し出していたことを・・・。

スポンサード リンク
2015年1月10日 | 奇皇后あらすじ
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA