Archives: 善徳女王あらすじ

<「善徳女王」あらすじ 47話>
2012年4月4日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
チルスクらに居場所を突き止められて包囲されてしまったトンマン公主たち。 トンマンを追い詰めるときのチルスクは本当に憎々しげな顔をしてますねー。 提案した作戦を断固として認めないトンマンに、ソファが言い聞かせます。 「トン→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 46話>
2012年4月4日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
何があってもここを通さん!と門の前に立ちはだかったユシンが一人で郎徒と格闘。 列仙閣のことは陰謀だ!というユシンの叫びに心動かされた花郎もいたようです。 謀反を起こしたミシルには、さっさとトンマンを始末して勝利する必要が→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 45話>
2012年4月4日 | 2件 | 善徳女王あらすじ
キム・ユシンアルチョンが、列仙閣の前で捕らえられそうになりました。 玉璽が押された書類を持って来い!とキム・ソヒョンとヨンチュン公が抗議します。 チルスクは真平(チンピョン)王とマヤ皇后のいる仁康(インガン)殿に突入。 →続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 44話>
2012年4月3日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
多数決制に賛成票を投じたのはキム・ソヒョンとヨンチュン公だけ。否決されます。 トンマンの狙いどおり、減税を期待していた中小貴族の怒りは大貴族や和白会議に。 花郎も家門の利益を守りたがる中、意外にもソクプムがミシルへの忠誠→続きを読む
<「善徳女王」あらすじ 43話>
2012年4月3日 | 0件 | 善徳女王あらすじ
王族でも聖骨でもないミシルが王位を狙うなんてチュンチュ公には想定外です。 私が性別を否定しお前が骨品制を否定したのだ・・・と説明するトンマン公主。 「ミシルには神国を仕切ってきた実績もある。でも貴族勢力を捨てられないだろ→続きを読む
スポンサード リンク
get_footer(); ?>