<「善徳女王」あらすじ62話のその後に>

どちらかといえば史実にそった本当のドロドロ大河が好きな私が、
ミシル様の魅力とタクラマカン砂漠のぶっとび度に惹かれて見始めた「善徳女王」。
実は終盤でトンマンとピダムのラブストーリーになったときはびっくりしました。
もともと大河ドラマにラブストーリーを求めていないというのもあるし、
ピダムの方を演じた俳優さんがかっこいいのはわかりますが
あの役柄には異性として引かれる要素がなかったので・・・(すみません)。

それでも本当によくできたエンタメ時代劇だった!と感心しています。
史実とまったく違うだの、砂漠に行くなんてありえないだの、
そういう視点はこのドラマに関してはヤボだなと思いました。

ミシルを演じたコ・ヒョンジョンさんはこのドラマで初めて見ました。
この方、女優さんにしては正直、丸い!ゴツい!
でも表情がとても魅力的で、この人が出ると画面に釘付けでした。
彼女をずっと見ていたい!と思ってしまう。これぞオーラなのでしょうね。
そういう点では善徳女王(成人)役の方はちょっと地味だったなあ~と。
子役さんはとてもよかったと思うのですが。

その他の脇役陣の方々にも楽しませていただきましたが
このドラマで一番トクした脇役さんはミセン役の方じゃないでしょうか。
私は大昔の『ホングギョン』でのチョン・フギョム役でしか知らなかったので、
このドラマに出て本当によかったね!と勝手にエールを送ってます。

あと、最終回で出てきたトンマンの夢の件!
これって最終回でいきなり出てきたエピソードってことでよいのでしょうか。
砂漠から新羅に到着した回のあたりでは出てきませんでしたよね?
あの夢の伏線がちゃんと5話か6話あたりでちらりとでも出てきていれば
「おぬしやるな!」「伏線すごっ!」とさらにポイント高かったかもしれません♪

スポンサード リンク
2012年5月25日 | 善徳女王雑談
スポンサード リンク

4 件のコメントがあります

  1. ハナクロ より:

    はじめまして。韓国時代劇大好きのハナクロと申します。うめ子様のブログはだいぶ前から拝見させて頂いてました。善徳女王はいかがでしたか?エンターテイメント性の高い作品なので史実かどうかは抜きにして素直に楽しんで頂けたのでは。
    実際はミシルと真智王の息子は別にいて、それと乱を起こした上大等ピダムを融合させてキャラを作り上げたようです。トンマンの即位時にはミシルは(もし存在し、なおかつ生きていたら)80歳を超えていたようですし、ピダムもアルチョンもおじいちゃんになっていました。でもそれではドラマが面白くならないですもんねぇ。
    なお、トンマンには三人の夫がいたそうです。(そのうちの一人はヨンチュン公です。金春秋の父親はヨンスではなくヨンチュンと言う説もあるようです)朝鮮時代と比べるとぶっ飛びの事実ですが、まぁ、おおらかな時代だったんでしょうか。男性か女性かと言うことより聖骨か真骨かと言う身分制度の方が重視されたんでしょうね。
    いずれにしても、長いご試聴お疲れ様でした。
    次の作品は決めてらっしゃいますか?朝鮮時代物はほとんどご覧になってるかと思うので、高麗時代の「千秋太后」などいかがでしょうか。「王と妃」でインス大妃を演じたチェ・シラさんが主役ですし、「女人天下」でお馴染みの役者が多数出演してます。善徳の新羅同様女性の地位の高い時代でしたので、これまた同様ぶっ飛びエピソード満載で楽しめますよ。(あのチョン・インジの書いた「高麗史」では千秋太后は希代の悪女だそうです)
    長々となってしまいましたが、また拝見するのを楽しみにしております。頑張って下さいね。

  2. うめ子(管理人) より:

    ハナクロさま、はじめまして!コメントいただきありがとうございます。
    初めていらっしゃてくださったのにご挨拶が遅れまして申し訳ありませんでした。
    ミシルのことやヨンチュン公のこと、うまい具合に脚色してありますよね。
    史実じゃなーい!みたいなツッコミはこのドラマに関してはナシとして
    じゅうぶん楽しませていただいたかなと思っています。
    本当、おっしゃるとおり李氏朝鮮時代とは違っておおらかですよね。
    あの礼儀作法と見栄と名分でガッチガチのドラマを見ていると
    この時代の寛容さがウソみたいです。(古代はどこもそうだったのかもしれませんが)
    「千秋太后」はいずれ見ようと思い、リストに入れております!
    古代ドラマについては時代順に古いほうから見ていこうと思っており、
    現在は「チュモン」を借りていますがまだあらすじ開始に至っておりません。
    そのうち始めますのでよろしければまたいらしてくださいね♪
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  3. 天鼓 より:

    やっと終わりました~。
    ミシル様がいる間はおもしろかったんですが、そのあとは、月曜放送のを金曜日までかけて(ちょっと止めると、なかなか再開する気にならない)見たりしてました。
    並行して録り溜めてる「龍の涙」を見てるんですが、こちらは見始めれば時間があれば4~5話は軽い、という感じで…我ながら、何が違うんだろう?と不思議に思ってます。
    最終話の夢の話は、ちょっと不思議ですよね。
    でも、週1回で1年以上かけてみてると、そんな話あったっけ?あったかも?…みたいな感じです。あっても、余程印象的な提示をされてなければ、忘れていそうです。
    そして、ミシル様が亡くなったあと、ラブストーリーになってしまったのには私もちょっとびっくりでした。
    ヨムジュンと組んで、もっと権力闘争してくれた方がおもしろかったかも。
    だいたい、トンマンはユシンはどうしたの?と思ってしまいました。どう見ても、ユシンの方が信頼できていい人だと思うんですが。
    前半の、ユシンとのラブストーリーのくだりは、違和感なく見てたんですが、この最後の方は唐突な感じでした。
    ハナクロ様のお話も、おもしろかったです。だいたい、Wikiで調べる程度で済ませているので、善徳女王に夫がいた、という所までしか確認できていませんでした。
    儒教が入る前の時代ですから、女性もいろんな意味で自由ですね。
    政治の表舞台にも堂々と立っていますし。
    古代のドラマは、記録もあまりないせいか、創作が満載ですね。
    私は李氏朝鮮時代のフュージョン時代劇と同じような感覚で楽しんでます。
    チュモンも見ましたが、前半はおもしろくない回も結構ありましたが、扶余を出るあたりからあとはおもしろかったです。ただ、最後まで見て、看板は英雄譚だけど本筋はラブストーリーだったんだな、と思いまして、あちこちの何故あるか判らなかったエピソードもしょうがなかったかと思ったのを覚えてます。
    今は、以前後半のみ所々見たソドンヨを見てます。これは、善徳女王の妹がヒロインのラブストーリー(+百済の権力抗争)なのですが、天明公主は出てきてもトンマンは全く出てこなくて、始めこれと善徳女王が同時代とは気付かなかったくらいです。
    話の筋をわかりやすくするために、結構平気で王女や王子を省略しますよね~。
    この時代のドラマは、ケベク、ヨンゲソムン(未視聴)、テジョヨン(中断中)と多いですね。日本で戦国時代のドラマが多いようなもんでしょうか。
    このほかに、百済中期の「近肖古王」はおもしろかったです。こちらは、権力抗争のドロドロがメインです。直接刃傷沙汰に及ぶので、女人天下ほど陰湿ではありませんが。

  4. ハナクロ より:

    うめ子様
    せっかくお返事頂いたのにご無沙汰してしまいゴメンなさいね。
    見栄と名分でガチガチの…のくだりはちょっと笑えました。王妃選びのカンテクを受けたら一生独身だとか、大妃が喪服を着る着ないで大騒ぎとか、はっきり言ってしょーもなー!とは思いますが、制約がある中での女性の成り上がり方も面白さの一つなんでしょうね。
    朱蒙は主人公がいろんな仲間を味方につけながら敵を倒していくRPG的な面白さがありますね。フィクションも多いですが、登場人物はほとんど実在の人物ですし、いろんなエピソードも「三国史記」に載ってる史実だったりするので、善徳同様楽しめるかと思います。
    ではまた。これからも楽しみにしています。

ハナクロ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA