<『世界史の誕生』を買いました!>

「奇皇后」視聴とあらすじ作成にあたって購入した歴史本の中から、何冊かを紹介します。なぜ世界史の本を買うの?とお思いかもしれません。この本の副題は「モンゴルの発展と伝統」。つまり奇皇后の生きた元王朝(モンゴル帝国の一部みたいなもの)について知りたいと思って購入した本なのです。

フツーの歴史本かな・・・と思いながら読んだところ、著者の岡田英弘氏による理論がとっても斬新でおもしろかったので、ここでご紹介することにしました。

世界史というと「ヨーロッパ史」と「中国史」が大きくあって、日本史は別の授業で習う別のものという感覚がありませんか?そうでない方もいると思いますが、少なくとも私の中ではそうでした。それが根底から覆されるというか、目からウロコの本でした。

岡田氏によると、最高指導者チンギスハーンが生まれたときがモンゴル帝国の建国であり、世界史の誕生でもあったとのこと。中央ユーラシアで生まれたこの勢力が世界中に広がり、影響を及ぼし、現在も各地にその継承国家が残っているという内容が書かれています。

韓国歴史ドラマで明や清が出てきたときに「イコール中国(みたいなもの)」という概念で見ていただけの私には(もちろん支配した民族が違うことは知っていますが・・・)とってもおもしく読めた一冊でした。岡田氏の学説には賛否両論あるようですが、ぜひ紹介したいと思った本です!

同じ著者によるこちらの本も、フムフムそうかー!(ひざポン!)でした。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本史の誕生 [ 岡田英弘 ]

日本史の誕生 [ 岡田英弘 ]
価格:864円(税込、送料込)

スポンサード リンク
2015年1月6日 | 奇皇后雑談
スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA